堺をスタートアップの実証フィールドへ


応募はこちら

堺市スタートアップ実証推進事業についてAbout "Demonstration Promotion Project"

 堺市では「堺グランドデザイン2040」において、中百舌鳥エリアを「スタートアップを生み育み、新たなイノベーションに出会えるエリア」とするビジョンを掲げ、市内外からイノベーティブな人やアイデアが集まる仕組みづくりを進めています。堺市のイノベーションの牽引役としてスタートアップが担う役割への期待が高まっている中、2025年に開催される『日本国際博覧会(大阪・関西万博)』は、ビジネスマッチングやプロモーションなど、スタートアップにとってはビジネスの拡大や成長につながる重要な機会です。
 スタートアップ支援にあたっては、企業の成長段階に応じた支援が重要となり、創業段階を越えたスタートアップに対しては、プロジェクトの成否を事前に判断できるPoC(プルーフオブコンセプト:概念実証)や、ビジネス上の効果を見極めるPoB(プルーフオブビジネス)が重要だと考え、実証サイクルをできるだけ早くかつ効率的に回すことができるよう支援することが必要となります。
 堺市スタートアップ実証推進事業 では、百舌鳥古墳群や茶の湯文化などに代表される豊かな歴史・文化資源、刃物・自転車などに代表される高度な生産技術を有する企業が集積している点など、「堺」ならではのフィールドを活用し、地域課題の解決や新たな価値の創出につながる取組を広く募集し、堺市におけるイノベーションの創出を促進します。

募集する実証テーマDemonstration theme

「堺」のフィールドを活用したテーマであることを前提に、下記のいずれかを満たす実証事業を募集します。

  • 堺市の社会課題の解決や市民生活の質の向上に資する取組であること。
  • 2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)のテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」に資する取組であること。

実証テーマの参考

  • 堺市の社会課題や市民生活の質の向上に資する取組例

    デジタル化やDX推進 メンタルヘルス対策 学校における体力向上 フェムテックや女性活躍の推進 子育て支援の充実 健康寿命の延伸 貧困の連鎖解消

実証フィールドの例

堺市関連施設(堺市博物館、堺伝匠館、堺市立スポーツ施設等) 、市内高齢者施設、製造関連事業者、臨海部事業者等

応募資格Qualification requirements

下記①~⑤の要件をすべて満たす事業者であること

  • 堺市内で革新的なビジネスアイデアの実証事業を行うスタートアップ(※)等であること
  • 実証事業を行う過程や結果として、堺市内の地域課題の解決への寄与や、市内雇用創出等の地域経済効果をもたらす可能性のある事業計画を有すること
  • 中小企業基本法における中小企業者の定義「資本金の額または出資の総額」「常時使用する従業員の数」のどちらも超えていない企業、スタートアップやベンチャーとして起業を目指す個人事業主・個人(学生を含む)であること。もしくは、第二創業の事業であること。
  • 提案プロジェクトを自ら実施できる事業者であること(所在地は問いません)
  • 市税の滞納がないこと(補助金の対象事業者は堺市への補助金申請の際に確認します)
  • 本事業の申請内容と同一の事業内容で国又は他の地方公共団体その他公的機関から補助金等の資金助成を受けていない、または受ける予定がないこと(補助金の対象事業者の場合)

(※)経営者自らが革新的な事業に挑戦し、社会に新しい価値を提供したり社会に貢献することによって事業を成長させることをめざし(成長志向)、堺市内で新たなビジネスアイデア等の実証に取り組む民間企業等の事業者をさします

対象者支援内容support

支援対象者

実証支援対象事業者 4者程度

支援内容

  • 市内公共施設、協力企業が有する施設などの実証フィールドの提供(※)

  • 実証事業実施に必要な市内民間事業者とのマッチング

  • 実証事業にかかる経費補助
    (上限100万円、補助率1/2以内)

  • 行政課題の提供
    (堺市の担当部署の紹介等)

  • 実証事業のPR支援

  • その他必要と認める支援

※原則として大阪府堺市をフィールドとし、選定したビジネス提案内容における効果検証のための実証機会(場所・環境等)の提供やホームページ・SNS等でのPRを行います。ただし、必ず実証機会を提供できるとは限りません。なお、実証機会の提供にあたり協力機関・協力企業への調整は、支援対象事業者決定後に別途個別に行うものとします。

オープンイノベーションパートナーOpen innovation partner

  • 大阪公立大学

    大阪公立大学

  • 南海電気鉄道株式会社

    南海電気鉄道株式会社

  • 日本政策金融公庫

    日本政策金融公庫

  • マクアケ

    マクアケ

応募方法Application method

応募資格

以下の応募フォームに必要事項を記入

応募締め切り

2024年7月8日(月)17:00

補助金について

補助率 補助上限額 補助対象期間
補助対象経費の1/2以内 100万円 交付決定日から
令和7年3月31日(月) まで

※補助金については、堺市内で実施する実証事業が対象となります。
詳細は以下のURLからご確認ください。
https://www.city.sakai.lg.jp/sangyo/shienyuushi/sogyo/jisshyo.html

審査について

  • ・一次審査(書類選考)
    一次審査は書類審査となります。審査を行うにあたり、個別に内容の確認を行う場合があります。
  • ・二次審査(プレゼンテーション)
    5分間のプレゼンテーションで事業をご説明いただき、審査員が質疑応答を行います。
    実施予定日:8月21日(水)午後
    実施場所:さかい新事業創造センター(S-Cube)

評価されるポイント

・実証事業の実現性
・社会課題解決への貢献度
・地域経済の活性化への貢献度
・実証事業の新規性・独創性
・事業化に向けた本気度

※堺市内企業、堺市/S-Cubeの支援を受けた企業、万博出展企業は加点があります。

スケジュール

※一次公募にて補助金の予算額に達しない場合は二次公募を実施する場合があります。調整次第では前倒しで実証事業を開始する場合があります。

その他

・実証事業終了後、実績報告書を提出すること。
・実証事業終了後、3年間堺市およびさかい新事業創造センターからの事業進捗の報告依頼に応じること。
・実証期間中、必要に応じて保険に加入すること。
・プロジェクトの成果について、ホームページ等での公開や成果発表の場等への登壇に協力すること。

応募フォーム

主催・協賛・協力

【主催】
堺市 さかい新事業創造センター(S-Cube)

【協賛】
大阪公立大学

【協力】
公益財団法人堺市産業振興センター 堺商工会議所 大阪スタートアップ・エコシステムコンソーシアム 近畿経済産業局 日本政策金融公庫堺支店 株式会社商工組合中央金庫堺支店 大阪信用金庫 南海電気鉄道株式会社 大阪市高速電気軌道株式会社 株式会社ジェイコムウエスト堺局

お問い合わせ

運営事務局 【さかい新事業創造センター(S-Cube)内】
メール: jigyou@s-cube.biz
TEL: 072-240-3775  FAX: 072-240-3662

注意事項

・必ずご自身や自社で創作した実証テーマでご応募をお願いします。
・ご応募頂いた実証テーマの知的所有権は応募者へ帰属します。
・お申し込みの際にご記入いただく個人情報は、審査結果等のご連絡のため必須項目とさせていただきます。
・お申し込みの際にご記入いただいた内容は、審査員、協力機関、連携企業に情報共有されます。その他の第三者に情報提供されることはございません。
・採択された実証テーマ・製品等は、ご希望に応じホームページ等で公表いたします。
・お申し込み内容について、特許事項、ノウハウや営業上の秘密事項などについては、法的保護を実施された上でのご応募をお願いします。主催者側での法的保護はございません。
・本事業への参加に要する経費は応募者様のご負担とします。
・応募者や役員等が、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成三年五月十五日法律第七十七号)に規定される暴力団員又は、堺市暴力団排除条例・同施行規則に規定される暴力団密接関係者に該当する者を除きます。
・注意事項等に違反する事項があった場合、及び各種法令等に抵触する課題が解決できない場合は、採択を取り消す場合がございます。
・審査結果に対する個別の問い合わせにはお応えできません。予めご了承ください。